笑顔の男性

事務所である求人

スーツの男性

優遇される事

会計関係の事務所というと一般的には、会計事務所があります。そこで、この会計事務所に転職したいのであれば、まずはどうしたら採用されるのか、採用時に優遇されるものは何なのかを把握しておく必要があります。優遇される項目が多いですと、それだけ採用に近づく可能性が高くなります。まずは、会計関係の仕事の経験です。経験があると、即戦力として期待できますので、事務所側からすると採用しやすいです。また、公認会計士や簿記検定2級以上の取得者というのも、知識があるという事で優遇される事が多いです。特に会計事務所ですので、公認会計士の資格取得者というのは、雇うメリットが大きいです。もちろん、パソコンを使用する事が多くなりますので、パソコン知識がある人も優遇されます。

独立のプラスになる

会計事務所に転職する事によって、会計士の人からすると将来的な独立のプラスになってきます。公認会計士の資格を取得すると、独立することも可能になってきます。しかし、いきなり独立すると、どのように経営していけばいいのか、どのように仕事をしていけばいいのか分からない部分があります。しかし、会計事務所に転職をして、実際の事務所の経営の仕方を肌で感じる事ができますし、仕事内容も分かります。ですので、会計事務所に転職する事は、独立する人からするとプラスの面が大きいです。さらに、人脈も広くなってきます。会計事務所で働くと、さまざまな人と出会う事ができますので、自分だけの顧客を確保できる可能性もあります。人脈を広げておくのは、独立してからプラスになります。